←オリジナルグッツは左のロゴをクリック
(商品は今しばらくお待ちください)
 2020年。
K&Tは鈴鹿ST600に鈴木 翔(バッサー)と契約し、参戦いたします。

車両は2019年カワサキ ZX-6Rを使用。


鈴木選手との出会い

彼との出会いは2018年、彼がNSF250で走っていたときに、S字コーナーの走り見て、
走りとバイクがかみ合ってないと感じてそれを伝えたのが始まりだった.。

その時から、足回りをいろいろとセットしていくとタイムも詰め、走りも安定してきた。
その後の岡山のレースで優勝し、そこから2018年はNSF250でGP−3に参戦してきた。


鈴木選手の夢

ワールドスーパーバイク(WSB)

鈴木選手の夢はヨーロッパでレースをすること。
年齢的に、GPはきびいいと話すとWSBならば行けるのでないかと言われた。

 夢を目標にしないと・・・・

私は、夢と、目標は違うということをいつも言ってます。
夢はいくらかたっていても夢。
それを目標にしないとかなえられないと。
昔から、GPに行きたいといろんなライダーが話しきた。
そのライダーにトレーニングしてますか?レースするために環境変えてますか?お金は?と言うと返ってこなかった。
夢は夢。
目標にしなければ、そこにはいかないし、ただ走れば速くなると思っていては速くならない。
鈴木選手はそれらについて何をしなければいけないかを聞いてきては、それらを実行してきた。


 2019年  イタリア選手権(SS300クラス)

2019年、私のほうにも話があったが私はまだ早いと返答したが、鈴木選手の耳にも入ってしまった。
イタリア選手権のレース。
私は反対した。
理由は、2019年の彼の実力では勝てないからだ。
それでも行きたいというので、参戦してきた。
私が、思っていた通りの結果。

 2019年レースが終わり・・・

2019年終わりにイタリア選手権の話をいろいろとするうちに、何をしなければいけないか?
WSBに1年でも早く行くためには?
2人で話すうち、600ccを乗り走り600ccのバイクで、鈴鹿で、速くならなければと。

 なぜカワサキZX−6Rか・・・・

私はカワサキが好きなので。
バイクもかっこいいと思っている。(^^)
カワサキのZX−6Rで、鈴鹿を速くなるように頑張るのであればチームを作ると。
メカニックは、2人。
2人ともヨーロッパのレース経験あり
(1人はWGPのメカニック経験あり)
(1人は全日本のメカニック経験あり)

それに、鈴木選手が乗るということになった。



 なぜ鈴木選手なのか?・・・・

正直、鈴木選手よりも速いライダーはたくさんいる。
なのになぜ鈴木選手を起用したか。

* 私には持っていないものを持っている。

* 行動力であったり、自分をアピールすることの積極性がある。

* レースのために環境を変えることに、躊躇ないこと。(レースを1番に考えている)


私は速いから乗せるということよりも、自分の実力をわかり、目標を持っている
鈴木選手をここからどれくらい速くさせることができるか?
そこにチャレンジしていきたい。

 2020年以降、鈴鹿以外のチャレンジ

鈴木選手が速くなってきたら、鈴鹿以外のコースやヨーロッパに対しても、
いろんなことを考えて参戦できるようにと思っている。


 私のGP時代のチームオーナーとの約束

私がGPに参戦していたときのチームのオーナーの竹島さんが。
私が引退したら、若手のライダーを一人でもいいから、
竹島さんが私にしてくれたことを若いライダーしてあげてほしいと。
私自身の環境も変わってきて、ようやくこの約束を少しではあるが、かなえられるようになった。

それと、GP時代、竹島さんといろんなことで経験したことを
鈴木選手が活躍できるように、どのようなバックアップできるか?
を考えて行きたいと思う

 今後の活動

バッサー(BASSA83)という鈴木選手のニックネームでロゴを作ってもらい、それを使用しオリジナグッツを製作して販売し、レースの資金に回し、
鈴木選手をバックアップしていきたいと思います。

オリジナルグッツはここのページから、商品の展開をしていき、
鈴木選手を支えていきたいと思います。


 活動に対して

うれしいことに、カウル等の塗装をしてくれる(サポートとして)と話をいただきました。

(有)グローバル・エージェントさんから、サポートのお話をいただきました。